そもそもヘナって何?

皆さんは、「ヘナ」って聞いたことありませんか?

ヘナとは、インドで生産されるヘナという植物の葉を、乾燥させて粉末にしたものを、お湯で溶いて髪に塗るヘアカラーです。

人工的に作られた化学成分は入っていないので、髪や頭皮、さらには環境にも優しいヘアカラーです。

ヘナの葉に含まれているローソニアという色素成分が、髪の中のタンパク質と絡み合うことで、発色しながら、髪にハリコシを与え、キューティクルを天然成分でコーティングするので、ツヤもでます。

ちょっとのクセ毛なら、縮毛矯正しなくても、落ち着くそうです。

髪の傷みを修復する成分はありませんが、ヘナに切り替えることで、他の化学的なヘアカラーに含まれているアルカリ剤や人工染料、過酸化水素水による髪や頭皮へのダメージから解放され、ヘナで染め続けることで、髪を丈夫にし、髪本来のツヤやしなやかさが蘇ります。

ただ、ヘナに含まれるローソニアという色素はオレンジ色。

ですので、染めた後の白髪は鮮やかなオレンジ色になります。

ということは、白髪が少ない方だと、白髪がメッシュのようになって見えるのですが、ほとんど白髪だという方は全頭オレンジ色になってしまうのです。

ここのところをよくご理解いただいて、ヘナにチャレンジしてみたいという方はご相談くださいね。

私が尊敬するdo-sシャンプーでおなじみの場末の美容師さんのブログです。

ですが、ヘナのオレンジ色がどうしても気になるという方は、こちらの記事をお読みください。