ヘナで白髪を暗く染めたい時は、ダブルヘナがおすすめです!

最近、ヘナで白髪を染めたいというお客様が増えてきました。

ヘナの良さがだんだん伝わってきたのかなと思って、うれしいです。

ですが、皆さんからのご質問で一番多いのが、

「ヘナって、オレンジ色になっちゃうんでしょ?ちょっと派手に見えないかな・・・。」

というものです。

確かに、100%天然のヘナで染めると、白髪がオレンジ色になってしまいます。白髪が少ない方なら、メッシュのようになってかっこいいのですが、伸びてくる部分はほとんど白髪のという方はほとんどオレンジ色になってしまうかもしれません。

ヘナで染めたいけど、そうなっちゃうのはな~という方は、ヘナを2回染めするダブルヘナなら、暗めに染めることができますよ。

ヘナを2回染めするとは、一度ナチュラルヘナで染めて白髪をオレンジ色にしてから、インディゴというハーブで重ね塗りする方法です。

インディゴという言葉は聞いたことがなくても、藍染めの原料となる植物ならイメージがつきやすいと思います。

インディゴの藍色が、ヘナのオレンジ色の反対色なので、一度オレンジ色に染まった髪のオレンジ味を消してくれるのです。

「あれ?じゃあ、オレンジ味を消してしまったら、白に戻っちゃうの?」

いえいえ、物の色というものは、反対色同士を被せる(混ぜる)と、黒っぽい色になるのです。

ですので、オレンジ色にインディゴを重ねると、暗めのブラウン系になります。

「あら、でも、真っ黒になっちゃうのは嫌よ。」

大丈夫です!

重ね塗りするインディゴには、少量~半量くらいのヘナを混ぜます。インディゴにヘナを少量混ぜたものを重ね塗りすると、暗めのブラウン、インディゴとヘナを半々くらいで混ぜたものを重ね塗りすると、やや明るめのブラウンになります。

「でもさ、ヘナでさえ時間かかるのに、重ね塗りもするとしたら、何時間くらいかかるの?」

はい、時間かかります。

通常、ヘナだけのオーダーで、

● シャンプー・準備で20分

● 塗布で30分

● 放置で60分

● シャンプーで20分

● ブローで20分

ですので、早くて2時間半かかります。

そこに、インディゴ重ね塗りも加わると、

● シャンプー・準備で20分

● ヘナの塗布で30分

● 放置で30分

● お流し・インディゴ塗布準備で20分

● インディゴの塗布で20分

● 放置で30分

● シャンプーで20分

● ブローで20分

ですので、3時間ちょいかかっちゃいますね。(2度染めの場合、1回目のヘナの放置時間を短めにしますが、お客様の染まり具合によってはもっと長く時間を置く場合もあります。)

時間はかかりますが、ノンアルカリ・ノンオキシ・ノンジアミンで、そして、やればやるほど髪のツヤやハリコシ、ダメージ回復が期待できるヘナは、白髪染めが欠かせないというお客様の強い味方になってくれること、間違いなしです!!

是非、やってみたいという方は、お気軽にご相談くださいね。

ダブルヘナ  ¥9000~

※ 2度目のインディゴ塗布の範囲によってお値段変わります。生え際や白髪が目立つところだけ、インディゴを塗布することもできます。

2度染めしたらどうなるのか、詳しく知りたい方は、神戸の美容師さんのブログに書いてありますので、あわせてお読みください。