ジアミンもダメ、ヘナやインディゴもダメってなったらどうすればいいの?

ジアミンアレルギーだから、普通の白髪染めはもちろんのこと、香草カラーもダメ。

ヘナは大丈夫だけど、オレンジ色になっちゃうのは嫌だし、インディゴも少し沁みるの・・・。

という方は、ヘアマニキュアだったら大丈夫です。

ヘアマニキュアっていうのは、爪に塗るマニキュアと同じシステムで、髪の表面だけに付着するカラーです。

髪の表面をコートするだけなので、髪を傷めることはありません。

染料そのものの色が出せるので、白髪を自分好みのブラウン系や、逆に思い切って紫やピンクに染めたい方などに向いています。

ただ、頭皮に着くと落ちづらいので、頭皮から1mm空けて塗布しますので、白髪がちょっぴり残ってしまいます。

また、ヘアマニキュアだったら絶対かぶれないというわけではありません。

以上の点を良くご理解いただいたうえでご判断くださいね。

ですが・・・、(ここからは私の考えです)

敏感肌の方やカラーでかぶれたことがある方、ジアミンアレルギーの方が白髪染めをしようとすると、色々弊害があって大変なのは十分理解しております。しかしながら、そこまで危険な思いをしてまで、白髪を染めなければいけない理由は何でしょうか?白髪があると老けて見られるから?自分以外の誰かに白髪が出ているのをネガティブに指摘されるから?

美容師としての立場から言えば、どんなお客様にも美しくなってほしいからとか、施術すれば売り上げ上がるからとかの理由で、白髪は染めましょう、隠しましょうと言わなければいけないのかもしれません。

ですが、私は人のキレイは心と身体の両方の内面から出てくるものと思っています。

外見だけ若く見せる、習慣だから染め続けるというのに疑問を感じます。

加齢に伴う体の変化に、ショックを受けたりするのは、私も同じです。

ですが、髪を傷め、頭皮を傷つけながら、白髪を隠そうとする行為を私は卒業いたしました。

今は、白髪は友達。このまま増え続けても、これは私の価値になんら変わりはないと思っています。

どうか白髪染めに悩んでいらっしゃる方は今一度、よくお考えになっていただけるとうれしいです。